LinuxにElonaをインストールする方法

ElonaというWindows向けゲームを、Wineを使ってLinuxで動かしましょう。 ヴァリアントももちろん動きます。 これでLinuxでもロミアスを爆殺できますね!

Elona?

Elona はグラフィックに力を入れた、自由度が大変高いローグライクゲームです。

詳しくはニコニコ大百科の記事がわかりやすくまとまっているので、そちらを参照されたし。

筆者の環境

Debian/Ubuntu以外のディストリビューションでも、Wineがインストールできれば動きます。 Wineのバージョンは3.2以上なら動きます、たぶん(記憶が曖昧)。 Elonaやヴァリアント、Elona Extenderのバージョンはどれでも動くようです。

Wineをインストール

Wine HQを参考にインストールしましょう。 StableブランチをインストールすればOKです。

Elonaをインストール

Ylvania - Elona/Elin Official から「Elona 1.16 final(安定版)」か「Elona 1.22(開発版)」をダウンロードします。 バージョンはお好みですが、ヴァリアント(素のElonaを元に有志が改造したバージョン)の導入を考えている方はその指示に従いましょう。

「えー、よくわからないんだけど……」という方は「Elona 1.22(開発版)」をインストールし、後ほど紹介する「Elona Extender」も併せてインストールすることをおすすめします。

ダウンロードしたファイルをお好きな場所に解凍し、インストール完了です。 unzipコマンドで解凍する際は文字コードをcp932にすること(unzip -O cp932 elona[バージョン].zip)をお忘れなく。

BGMが出るようにする

さて、ここまでくれば elona.exe をダブルクリック(または wine elona.exe)で遊べます。 しかし、SEは再生されますが、BGMが再生されません。 そこで、WineにおけるMIDIデバイスの扱い - kakurasanのLinux防備録を参考にサウンドフォント(gm.dls)とDirect Musicをインストールします。

まず、winetricksをインストールします。

sudo apt install winetricks

そして、winetricksを使ってサウンドフォントとDirect Music関連のDLLをインストールします。

winetricks directmusic gmdls

これでBGMを再生できるようになりました。

フォントを変える

フォントはElonaの設定ファイル( config.txt )を書き換えれば変えられます。 Takaoフォントふい字がおすすめです。

テキストファイルを開く際はwineに付属のメモ帳( `notepad` )を使うと文字化けしません。

Elona Extenderをインストール

Elona 1.22のカジノの描画バグをマシにしてくれたり、いろいろな便利機能を追加することができるElona Extenderをインストールします。 2017版ではなく最新版(2021)をインストールしましょう。

まとめ

お疲れ様でした。 これでLinuxでもElonaを楽しむことができます。

各種ヴァリアントも通常通りインストールして遊ぶことができます(omake_overhaulやelm, URWは試したことがあります)。

MacでもWineが動けばいけると思います。 ただし2021/03/02現在、Catalina以降のOSでは32bitプログラムが未対応のため、WineはインストールできてもElonaは動かないようです。

それではよい冒険を!